ブログ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について

創建大和は「ZEH」のご提案・施工を行っております。
より詳しい情報は以下をご確認ください。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

「ZEH」とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、ZEH(ゼッチ)と読み、消費しているエネルギー量と太陽光発電などによって創出されたエネルギー量が差し引きでおおむね0、または0以下のマイナスになる住宅という意味を持つ言葉です。住まいの断熱性を高め、省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーをつくることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をおおよそプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
当初、ZEHを実現するためには、さまざまな基準が求められていましたが、現在は都市圏などの狭小地住宅では太陽光発電パネルを搭載しにくいといったケースにも配慮した「NearlyZEH(ニアリーゼッチ)」基準が設けられました。これにより、今後ますます住宅の省エネルギー化が進むことが期待されています。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページヘ掲載するとともに、お客様向けDMの発送や完成見学会などで、幅広いお客様へZEH基準の家作りを知っていただけるように周知・普及を行っており、社内での打ち合せにおいても、ZEHについての創工ネ・省エネの知識・技術基準を向上していくように努めております。ご興味をお持ちいただいた方は、お気軽にご相談ください。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZHE目標
ZEHは導入にかかるコストがデメリットに上げられるケースがあります。そこで、当社では、仕様の標準化・規格化を行い、材料費・人件費等のコストダウンを図っております。また、定期的に取引先との協議・打ち合わせ・情報交換を行い、断熱材・設備機器・部材や仕様を見直しており、基本設計の段階において、自然エネルギー(日射、通風、採光)を出来るだけ取り込める間取りを工夫・提案。効率の良いエネルギー取得を実現してまいります。
これまでに行ってきたZEHの取り組みは上部画像をご確認ください。